http://www.pg-web.net/home/member/sasaokakeiko.htm

出品作家

石丸 勝三 / ISHIMARU Katsuzo

《水‐その重さに》 2011


1943年、広島市西蟹屋生まれ。

1965年、武蔵野美術大学彫刻科卒業。1980年、㈱岩崎大理石入社。在社中、原爆慰霊碑、相生橋建て替え、広島市現代美術館など多くの石材加工を担当。1990年、㈲ストーンスタジオ設立。2005年、フリーで創作活動をする。2007年、「第52回ヴェネチアビエンナーレ美術展」の日本館代表作家である岡部昌生の展示構成を担当。

※本展のコーディネーターも担当。

伊東 敏光 / ITO Toshimitsu  www.art.hiroshima-cu.ac.jp/~ito

《Liquid Muse--Chance》2010 《Fountain head--12000 Meters Deep》2010

《流体女神 ー初見ー》2010


1959年、千葉県生まれ。現在、広島市在住、広島市立大学芸術学部教授。

1987年、東京芸術大学大学院美術研究科修了。2006年9月~2007年8月、文化庁新進芸術家海外留学制度により、アメリカ、ペンシルバニア大学芸術学部大学院にて在外研修。主な個展に、「Falling Sound」(PAGEANTギャラリー、アメリカ、2008)、「伊東敏光展-Liquidscape-」(泉美術館、広島、2009)、「Liquid Muse」(秋山画廊、東京、2010)、など。

川崎 義博 / KAWASAKI Yoshihiro

《伏流/quiet underflow》 2011


1951年生まれ。現在、日本サウンドスケープ教会理事。

1990年~97年、衛星放送ST.GIGAにプロデューサーとして世界中をロケし番組を制作。1997年、マイクロソフトネットワーク「SoundExplorer」で世界の音をライブで配信するサイトを制作(世界初)。1999年~現在 音で世界を旅する「Soundbum」を始める。2008年〜10年、J-waveで番組「VOYAGE」の制作、他「Blue Planet」など、ギャラクシー賞入賞。主なグループ展に、「WATER展」(21_21 DESIGN SIGHT、東京、2007)、「ヨコハマ国際映像祭2009 CREAM」(横浜、2009)、など。

黒田 大祐 / KURODA Daisuke

《西条湖に就て》 2011


1982年、京都府生まれ。現在、広島市立大学大学院芸術学研究科彫刻専攻博士後期課程在籍。

主なグループ展に、「ヒロシマ・オー」(旧日本銀行広島支店、広島、 2007/2008/2010)、「廣島から広島へ ドームが見つめ続けた街」(広島県立美術館、2010)、「Between Scrap and Build」(宮島、広島、2010)、「Via art 2010」(シンワアートミュージアム、銀座、2010)、など。グループワークとして「チームやめよう」の主宰を務め、「岡本太郎現代芸術賞展」(川崎市岡本太郎美術館、神奈川、2010)に参加。

久保田 辰男 / KUBOTA Tatsuo

《暦》1991


1940年、東広島市福富町下竹仁生まれ。現在、一水会常任委員、日本美術連盟会員。

1963年、広島大学美術科卒業。1965年、一水会展入選(以後連続入選)一般会員佳作賞優秀賞受賞、1996年、第14回ヒロシマアートグラント受賞・同記念展(福屋、あーとあい・きさ)など、他多数受賞。 主な展覧会に、第1回青木繁記念大賞公募展・広島の画家100人展(1992)、芸術農園「四季の里」出展(八千代の丘美術館、広島、2004)など。

腰本 悦二 / KOSHIMOTO Etsuji

《ゆめ水車》 2011


1933年、東広島市生まれ。

1953年、広島大学教育学部2年修了。1959年、福井芳郎氏に師事する。主なグループ展に、「広島芸術学会芸術展示」(広島県立美術館、2001)、「吉富蔵Art展」(賀茂鶴酒造株式会社吉富蔵、東広島、2007)など。

※ 新作の場合は、類似作品または近作を掲載しています。

桜田 知文 / SAKURADA Tomofumi  home.384.jp/sakurada

《MINORIの雫》 2011


1960年、広島市佐伯区生まれ。

現在、日展会友、現代工芸美術家協会本会員、広島県工芸美術作家協会理事。

1986年、東京芸術大学大学院鋳金専攻修了。1993年、洞爺村国際彫刻ビエンナーレ作品買上。主な個展に、「生まれ出る形~BIRTH」(松下電工ナイスプラザ、広島、1998)、「桜田知文小品展」(フィルスペース、広島、2008)、など。主なグループ展に、「第31回日本現代工芸美術中国会展」(1993、広島県知事賞)、「第43回日本現代工芸美術展」(2004、現代工芸本会員賞)、など。

笹岡 啓子 / SASAOKA Keiko www.pg-web.net/home/member/sasaokakeiko.htm

《風水里山》 2011


1978年、広島市生まれ。 

2002年、東京造形大学卒業。2008年、「VOCA 2008」VOCA奨励賞。2010年、「日本写真協会賞」新人賞。主な個展に、「PARK CITY」(山口情報芸術センターYCAM、2009/gallery G、広島、2010)、「EQUIVALENT」(RAT HOLE GALLERY VIEWING ROOM、東京、2010)、「CAPE」(photographers' gallery、東京、2010)、など。主なグループ展に、「VOCA展2008─新しい平面の作家たち─」(上野の森美術館、東京、2008)など。

鹿田 義彦 / SHIKADA Yoshihiko  www.shikada.net

《Shortage/Filling》 2011 《Namings》2011


1983年、広島県生まれ。

現在、広島市立大学大学院芸術学研究科総合造形芸術専攻博士後期課程在籍。

2008年、ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学(ドイツ)彫刻科交換留学。2009年、広島市立大学大学院芸術学研究科造形計画専攻博士前期課程修了。主な個展に、「ア・ディヴァウアリング・アイ」(Art space HAP、広島、2009)、など。主なグループ展に、「広島アートプロジェクト」(BVGホール、ドイツ、2008/広島市各所、2008 / 2009 / 2010)、「ヒロシマ・オー」(旧日本銀行広島支店、広島、 2010)、など。

増田 純 / MASUDA Jun

《豊作》 2011


1989年、広島生まれ。現在、広島市立大学芸術学部現代表現領域在籍。

主なグループ展に、「広島アートプロジェクト2009 いざ、船内探険! 吉宝丸」(吉島地区、広島、2009)、「花回廊」(広島府中ソレイユ FLAXUS広島、2010)「ヒロシマ・オー-広島の育むアート-」(旧日本銀行広島支店、広島、2010)、など。

松尾 真由美 / MATSUO Mayumi

《ふるさと》 2011


1984年、武蔵野美術短期大学美術科油絵専攻卒業。1985年、武蔵野美術短期大学専攻科美術専攻修了。1990年、カーネギーメロン大学大学院美術科修了。主な個展に、「SHE」(Why not Etna Gallery、ピッツバーグ、アメリカ、1989)、「I think therefore I am」(ギャラリーQ、東京、2000)、「Put your hand in the air」 (CASO、大阪、2004)、「静かな連立」(ギャラリーG、広島、2010)、など。主なグループ展に、「Casa de Sol」(モザンビーク国立美術館庭園、アメリカ、2008」、など。 現在、広島市立大学芸術学部助教。

丸橋 光生 / MARUHASHI Mitsuo

《Lovely Agriculture》 2011


1982年、京都府生まれ。

2008年、広島市立大学芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。2010年、広島市立大学大学院芸術学研究科彫刻専攻修了。主な個展に、Art Space HAP(広島、2007/2009)。主なグループ展に、「丸亀町アートプロジェクト」(高松丸亀町壱番街前ドーム広場、香川、2009)、「東広島現代美術プログラム2009 志和堀DNA」(志和堀地区、広島、2009)、「廣島から広島 ドームが見つめ続けた街」(広島県立美術館、2010)、など。

宮岡 秀行 / MIYAOKA Hideyuki  www009.upp.so-net.ne.jp/malaparte

《水に書かれたもの》 2011


1967年、広島生まれ。 映画作家、スタジオ・マラパルテ主宰。

ビクトル・エリセ監督に学びアレクサンドル・ソクーロフ監督に師事する。世界15 カ国を横断し制作した『Celebrate CINEMA101』(1996)は国際的な事件として絶賛された。2005年制作の『母モニカ』は同年ロッテルダム国際映画祭に公式招待。同年パリで撮影した『リュック・フェラーリ−ある抽象的リアリストの肖像』は国内外10都市で公開され、多くのファンを得る。また2009年−2010年にかけて京都・寒梅館にて「21.1世紀の音楽会」を企画し、一万人以上の動員をはじめ、様々な地域で自主上映会・音楽会をコーディネートしている。 現在、京都在住、東広島市(志和西)は本籍地である。

祐源 紘史 / YUGEN Hirofumi

《タイムプラネット》2008  《ダンス・サークル》2011


1979年、岡山生まれ。

2005年、ドイツ、ハノーバー専科大学留学。2006年、広島市立大学大学院芸術学研究科造形計画専攻修了。主な個展に、「G-Selection 祐源紘史展」(ギャラリーG、広島、2007)、など。主なグループ展に、「広島アートプロジェクト」(広島市各所、 2007 / 2008 / 2009 / 2010)、「食と現代美術 part6」(BankART1929、横浜、2010)、「ゼロダテ/大館展 2010」(大館商店街、秋田、2010)、など。

吉村 芳生 / YOSHIMURA Yoshio  www.yoshimurayoshio.com

《未知なる世界からの視点》2010


1950年、山口県防府市生まれ。

1971年、山口芸術短期大学卒業。1979年、イギリス国際版画ビエンナーレ アーガス賞。1983年、山口県芸術文化振興奨励賞。2007年、山口県展大賞、など他多数受賞。主な個展に、「730日の自画像」(下関市立美術館、1991)、「とがった鉛筆で日々をうつしつづける私」(山口県立美術館、2010)、など。主なグループ展に、「六本木クロッシング2007 未来への脈動(森美術館、東京、2007)、「一人快芸術」(広島市現代美術館、2009)、など。

http://www.art.hiroshima-cu.ac.jp/~ito/
http://home.384.jp/sakurada/

《大塚かぐや姫プロジェクト2010》2010

広島市立大学との共同制作

《Venus》2010(部分)

《夢のしずく》2009

《CAPE》2010

《静かな連立》2010

《フラワー》2010

《夜間飛行》2010

《-春暖-》2007(部分)

《ebionim(エビオニーム)》2010

《Fountain head--12000 Meters Deep》2010

《タイムプラネット》2008

《Divine inversion 08 / murmur》Oct., 2008

《いつかのひこうき》2010

《暦》1991(部分)

http://www.shikada.net
http://www009.upp.so-net.ne.jp/malaparte/

《未知なる世界からの視点》2010(部分)